鍵紛失を防ぐための管理方法

空き巣犯に狙われないために、鍵交換で防犯性を高めることができます。交換することも大切ではありますが、鍵紛失してしまわないようにすることも重要です。ここでは、鍵紛失してしまわないような対策方法を紹介します。

鍵の管理方法

紛失を防ぐ
鍵をよく紛失するのであれば、ストラップやチェーンをくくりつけておくと、紛失対策ができます。カバンを失くしたり、ストラップやチェーンが切れたりしなければ鍵紛失することはありません。チェーンやストラップを付けるなら大きめのものや鈴など音の出るものを一緒に付けておきましょう。
鍵の置き場所を決めておく
鍵をどこに置いたか分からないということを避けるためにも、保管しておくところを決めておきましょう。普段使っているカバンの中に入れっぱなしにしている方も多いですが、鍵をうっかり忘れてしまうこともがあります。キーケースに付けて保管する、専用のポーチを持ち歩くなどして、保管する場所を決めておきましょう。
合鍵の保管方法
鍵紛失してしまったときのために、合鍵を室外機の下やポストの中などに隠している方は多いです。ですが、隠しているところは空き巣からすると定番の置き場所なので、目を付けられやすくなります。外に置くのはできるだけ避けた方が良いでしょう。

まとめ

鍵を失くしてしまいやすいという方は、失くさないためにも対策しておきましょう。分かりやすいところに保管しておけば、紛失することはほとんどありません。また、合鍵の保管場所を見直すことで空き巣対策としても効果的です。

鍵屋さんが教える便利なアイテム

鍵紛失防止グッズがオススメ(鍵屋勤務20年)

鍵をよく失くしてしまいがちな方は、紛失防止グッズを使ってみましょう。紛失防止グッズはいくつか種類があります。その一つとして、紛失防止タグといったものがあります。このグッズは、鍵に取り付けることができ、スマートフォンのアプリをダウンロードするだけで使えます。Bluetoothで簡単に接続すると、どこにあるのか位置を特定できる便利アイテムになります。

TOPボタン