鍵紛失してしまったら~空き巣に狙われないように対策~

鍵

鍵紛失をしてしまっても合鍵があるから大丈夫と思っている方が多いですが実はとても危険です。たった1回の鍵紛失でも、住所を特定され空き巣に狙われる可能性は十分にあります。鍵紛失した場合は、合鍵で対応するのではなく新しく作り直す必要があります。

鍵紛失時に鍵交換を行なう重要性

鍵紛失をすると空き巣に狙われやすくなる
鍵紛失した際に、合鍵を元々持っていた場合、鍵開けをせずに家の中に入ることができます。落とした鍵に住所などの情報を書いていない場合は、合鍵で対応している方が多いでしょう。しかし、落とした鍵を拾った人が悪用してしまい、家に空き巣犯が侵入してくることもあります。大切な財産や家財、家族を守るためにも、鍵紛失トラブルが発生したら鍵そのものの交換をしましょう。
自宅を特定される
落とした鍵に住所を書いていないのに、どうして家が特定されてしまうのかと思われる方もいます。プロの空き巣でも鍵を見ただけで住所を特定することはできません。ですが、持ち主の顔を見ていれば住んでいる家を割り出すことができます。空き巣犯は鍵ではなく、落としていった鍵の持ち主の顔を見ています。後日、後に付いてきて住んでいる家を割り出し、自宅を留守にしている間に空き巣に入られる可能性が高くなります。

まとめ

鍵紛失しただけで大きなトラブルに発展してしまう危険性があります。合鍵があるから大丈夫、個人情報が書かれていないからバレないではなく、防犯対策をするためにも鍵交換をしておきましょう。鍵交換をしておけば、空き巣犯に顔が見られても家に侵入される可能性は低いです。

鍵の種類と防犯性

シリンダー錠
シリンダー錠にはいくつか種類があります。古いタイプのシリンダーは簡単にピッキングで開けられてしまうので、早急に取り換えをした方が良いです。また、最近の新しいタイプのシリンダー錠は防犯性が高いと言われており、旧型タイプとは違い簡単に開けられることはありません。ですが、鍵穴があるタイプになるので100%ピッキングを防ぐのは難しいです。
電子錠
鍵のタイプは鍵穴があるものと思い込んでいる方もいますが、最新型として電子錠といったものがあります。電子錠は鍵穴がないのが特徴で暗証番号やICカードで開け閉めできるタイプのものになります。また、指紋認証で鍵の開錠ができるものがあり、鍵穴タイプのものより防犯性は高いです。スマートフォンと連動して解錠できる電子錠の種類もあります。

まとめ

空き巣から家を守るためには、鍵紛失をしたら交換をすることが大切です。鍵交換する際にも、どの種類があるのか特徴を知る必要があります。どういったものがあるのか調べてから、目的にあったタイプの鍵を選びましょう。

業者に相談する

鍵を失くしてしまったらどうすればいいのですか?
合鍵を持っているけど紛失した鍵が悪用されないか不安になるというお客様もいます。そのような場合でも、専門業者では鍵交換を行っています。悪用されないか、すぐに鍵開けを行ってほしいなど鍵に関するトラブルを解決するのであれば、自分でなんとかするのではなく、業者に依頼した方が早いです。
TOPボタン